Doleバナナ農場、重量測定の効率性向上のためTSC TTP-247を選択

Food pick and pack processing_TTP-247

市場: 
食品業界

用途: 
選別・梱包処理

モデル: 
TTP-247
 

ダウンロード

背景: 
コスタリカのDole Corporationは、バナナ梱包施設において、品質管理の問題に直面していました。 バナナの重量は房ごとに異なるため、輸送用クレートの重量を一定に保持することは常に課題でした。 Doleは、パッケージ化されたクレートが、それぞれ十分な重量のバナナを含むことを保証する必要がありました。

解決策: 
この問題に対処するため、コスタリカのシステムインテグレータであるRepresentative ROMAは、イーサネットを介して接続された重量計とTSC TTP-247熱転写デスクトッププリンタを組み合わせた統合ソリューションを開発しました。 作業員は、空のコンテナをスケール上に置き、バナナの房の梱包を開始します。 ケースが正確な重量に達すると、プリンタは自動的にケース識別ラベルを印刷し、最終的な梱包および出荷のためにラインに送られます。 重量の不一致があれば、箱は検査ステーションに移されます。

イーサネットを装備したTSC TTP-247は、Doleにとって耐久性があり、コスト効率の高いラベル印刷ソリューションであることが証明されています。 設置面積の小さいプリンタは、生産ラインの窮屈なスペースに簡単に適合し、厳しい梱包ライン条件にもかかわらず、確実かつ耐久性に優れた堅牢な設計を提供しました。 大容量の300mリボン供給と5インチ外径大容量ラベル供給は、メディアの交換に必要な停止時間を最小限に抑えています。

利点: 
• 生産ライン効率の向上 
• 選別/梱包ラインの品質管理の改善 
• リボンとラベルの交換時の停止時間を最小限に抑える 
• ユーザーフレンドリーなクラムシェル設計による簡単なドロップインメディア装填

TTP-247の特長: 
TTP-247熱転写デスクトップバーコードプリンタは、同クラスの他社プリンタよりも高い価格性能を提供します。 TTP-247は、毎秒7インチという優れた性能を備え、203 dpiの解像度で最大4インチの画像を印刷し、8 MBのSDRAMと4 MBのオンボードフラッシュメモリを搭載しています。 オンボードのSDカードリーダーを使用して、ギガバイトのフラッシュメモリを追加することができます。

TTP-247は、USB 2.0、パラレルおよびシリアル接続、およびネットワーク用のイーサネットポート(オプション)を提供します。 また、TPLE(Translation プリンタ言語 Eltron®)やTPLZ(Translation プリンタ言語 Zebra®)をサポートしながら、他のTSCプリンタ言語との互換性を持つTSPL-EZ™プリンタ制御言語も組み込まれています。 言語は自動的に各ラベルの形式を解読して翻訳し、プリンタに送信します。 また、TSPL-EZ™には、一般的に高価なプリンタでしか見られない内部スケーラブルTrueTypeフォント(Monotype®フォントエンジンに基づく)を装備しています。

TTP-247は、ユーザーフレンドリーなクラムシェルデザインを採用しているため、市場に出回っている他の熱伝達機構よりも強くて耐久性の強い頑丈なダブルウォール設計により、メディアを簡単に取り込むことができます。 その革新的な2モーターギア駆動エンジンは、直径300mのリボンと最大8.4インチのラベルロールを扱える強さを備えています。

Dole Corporationについて: 
Dole Food Company, Inc.は、1851年ハワイで設立、高品質で新鮮な果物と新鮮な野菜の世界最大の生産業者であり、2010年度の収益は69億ドルとなっています。 Doleは、加工食品と冷凍食品の市場規模を拡大する、栄養教育と研究における生産産業のリーダーです。 同社は90カ国以上で事業を展開しており、全世界で平均36,000人のフルタイムの正規従業員、23,000人のフルタイムの季節従業員または臨時従業員を雇用しています。

Representative ROMA(サンノゼ - コスタリカ)について: 
1978年に創立されたRepresentative ROMAは、コスタリカのサンノゼを拠点とする計量、包装、材料処理分野で使用される産業機器のインテグレータ兼設計業者です。

Meat processing plant in Moscow for product marking_TTP-2410MT

モスクワ地域の主要肉処理工場、製品マーク付け用にTSCプリンタを導入