自動生産ラインで効率性を促進製造ラインの安定性、効率性を向上させ、人件費を削減半製品を正しく管理するための製造者にとっての課題は、製品を破損、劣化、置き違えから守ることです。製造の制御における変動要因の一つは人的ミスです。日々の操業に及ぼす「人的ミス」の影響は、作業者の心理的、身体的な状態により大幅に変わることがあります。故障なく24時間作動する自動化機器を使用すれば、この問題を最低限に抑え防ぐこともできます。反復作業は、製造中に作業者に集中力を失わせ、疲労を感じさせます。人間には限界があるため、効率性と品質は双方とも損われます。製造に影響を及ぼす人的要因に加え、異なる製品により益々複雑な操作方法が必要とされるので、効率性が下がりエラー発生率が増加します。企業は、操作者の賃金の増加とメリットに取り組みなければなりませんが、これにより労働賃金の高騰を避けることはできません。 これらの問題は小さな問題に見えるかもしれませんが、これによって事業が破綻する可能性もあり、実際にそういった事実もありました。 自動生産ラインで効率性を促進製造ラインの安定性、効率性を向上させ、人件費を削減非常に多くの反復作業と継続的な作業が行われる多くの企業がTSCを選ぶのは、まさにこのような理由からです。TSCラベルプリンタを自動ラベリングシステムに設置することにより、 皆さんはプリンタをプログラム制御し、事前にラベリングの方法を設定し、GPIOに信号を送ることができます。それによりシステムは即座に、非常に高精度でラベリングの自動化プロセスを開始します。当社では様々な操作設備や操作スペースが狭い等の環境条件に応じて、皆さんのニーズに適合したシステムを簡単に調整できます。TSC は信頼性、互換性を無理なく組み合わせて、どのような環境でも作動するシステムを製造しています。TSC は、ユーザー体験と包括的な統合に大きな焦点を当てて取り組んでいます。当社は、ユーザーが生産性を高め、エラー発生率を削減し、不必要な出費コストを削減するために製品を設計しています。だからこそ、TSC は半導体製造者や他のデジタル、電子製品の製造者、さらには化粧品、医薬品、加工食品、他の多くの市場にとってファーストチョイスとなっているのです。 シームレスな統合、ソフトウェアの互換性、製品の信頼性の他に、TSC の製品が世界中の顧客から信頼と尊敬を集めること もう生産が停止することはありません。トレーサビリティで品質管理。オフィスでも工場でも、バーコードを使用して製品の流れと情報を簡単に管理することができます。以前は、ログして半製品と製品をデータベースに記録したり、デジタルシステムに入力するには、多くの人員が必要でした。このプロセスは多くの人的資源を必要とするだけでなく、エラーも発生しやすくなっていました。生産・販売活動は、従来よりもさらに複雑化し多様化しています。進化しつつある環境で競争上のメリットを得るには、製品の品質が効率的でありエラーのないことが必要です。TSC は製品管理の課題に対するソリューションを開発してきました。このソリューションはバーコードラベルを使用するのと同じ位簡単です。バーコードラベルを使用すると、ユーザーは必要な全ての情報にアクセスすることができます。バーコードは、製品、価格、在庫レベルなどの情報を保存できます。 バーコードをスキャンして情報を中央化したコンピューターシステムに送信することにより、リアルタイムで情報が得られます。 もう生産が停止することはありません。トレーサビリティで品質管理。オフィスでも工場でも、バーコードを使用して製品の流れと情報を簡単に管理することができます。製造者は通常工場のワークステーションにバーコードラベル機を設置しています。次に原材料を半製品に加工し、即座に別の目的でラベル付けします。最終製品になった時、バーコードはあらゆるカテゴリーと合計在庫数を含めた総合的な在庫状況を提供します。継続的に本社のシステムを更新するためにデータが送信されるため、ユーザーは製造と販売データを一つのデータベースに結びつけながら、すべての半製造品あるいは最終製品に関する位置や状況などの情報が手元で得られます。自動ラベリングシステムを設置するためにTSCラベルプリンタを使用すると、ユーザーはより高品質の製品のメリットが得られます。主要データベースはリアルタイムで更新されるので、従業員とオペレーターは、各作業により注意を払って製品の仕様、重量、品質などの確認に責任を持つことができます。 もう生産が停止することはありません。トレーサビリティで品質管理。オフィスでも工場でも、バーコードを使用して製品の流れと情報を簡単に管理することができます。このシステムにより、ユーザーは簡単に製品を追跡できます。消費者が製品の品質に疑いを持つようなことがあっても、バーコードで製造プロセスを追跡し、問題の発生源を発見することができます。これによって社内管理が向上するだけでなく、消費者が製品の品質に対して持つ自信や信頼も大いに向上し、その結果販売数値もアップします。TSCの製品は、顧客がエラー発生率とコストを減らすだけでなく、効率性と生産性の向上にも役立ちます。さらに重要なことは、どの製品とも高い互換性を備え、生産ラインへの統合も簡単にできるという事です。また当社が顧客サービスと支援を提供していることも、多くの方がパートナーとなって下さる理由です。 サプライチェーン管理の成功は、もはや夢ではありません。バーコードで在庫管理を効率的に。製造産業界では「在庫は必要悪だ」とよく言われます。正しい在庫管理がなければ、製造者は材料不足となり全生産ラインが停止して発送が遅れ、収益が大いに減少してしまいます。一方、在庫が過剰な場合には利益幅と労働資本に影響が及ぶ他、保管と保険の費用もかさみます。これは、デジタル製品や食料品等の傷みやすい製品など、ライフサイクルの短い製品に特に言えることです。また多くの方から「在庫管理をもっと効率化できないか?」という質問も寄せられています。包括的なシステムインテグレーターとサービスを備えたTSCは、皆様にとって完全な答えとなります。ここでは製造計画と予定購入からすべてが始まります。製造計画と購入予定を作成した後、製造者は製品の仕様、製品番号、購入者、購入時期などのついたラベルを生成するためにTSCラベルプリンタを使用できます。情報はログされ、材料検査や倉庫での保管などのそれ以降の在庫管理活動はバーコードスキャナーで補助できます。これにより、購入とデータベース管理が簡単になるだけでなく、高精度で購入費用を計算し、人的エラーの発生を削減することができます。 サプライチェーン管理の成功は、もはや夢ではありません。バーコードで在庫管理を効率的に。在庫と材料は発送前に正しくラベリングされるため、発送と在庫検証の必要性が著しく軽減されます。バーコードラベルを使用すると、エラー発生率が減少すると同時に材料管理をさらに正確に行えます。企業はリアルタイムの情報を使用して在庫を一定量に維持し、材料不足や十分な保管スペースの不足といった問題を除去することができます。これにより、在庫を正確に管理し、「先入先出法」を十分に実施し、余剰在庫の問題を軽減できます。 簡単なステップで安全性に関する懸念を除去し、パレットと仕様、ラベル印刷をサポート。一つのラベルで警告サインと、材料の追跡管理の両方を提供。パッケージングは、製品発送前の最も重要なプロセスです。以前は、製品の分類や箱詰めなどのパッケージング作業はすべて手作業で行われていました。次に大量生産する前にこの情報はパッケージング工場に送られます。パッキング作業者は全員、箱のサイズ、重量、箱に入れる品目、製品の仕様に関する情報を持っています。このプロセスを合理化するために、多くの企業では 自動バーコードラベリングシステムを統合し、全ての必要な情報を一つのバーコードラベルで組み合わせるため、手作業での情報確認が必要な複雑な作業がなくなります。情報にアクセスするために必要なことは、バーコードをスキャンするだけです。選別プロセスの間にラベリングを行うと、検査や検証に必要な時間が減少し、選択プロセスでのエラー発生率が最低限に抑えられ、全体的な作業の時間を節約することができます。そのため、多くの企業が安価なプライスタグで複雑なデータをまとめて処理し、必要な情報を全て一つのラベルに表示すると同時に堅牢で信頼性の高い効率的なシステムを選択することを最優先しています。TSCの製品は、高品質でシームレスな互換性があり、堅牢な構造の信頼性が高い製品として有名です。当社の製品は、自動生産ラインに簡単に無理なく統合することにより、パッケージングの生産性を向上させます。 簡単なステップで安全性に関する懸念を除去し、パレットと仕様、ラベル印刷をサポート。一つのラベルで警告サインと、材料の追跡管理の両方を提供。TSCのワイドラベルモデルは、物流や倉庫保管、パレット、大型コンテナ、貨物のラベリングに適しています。また、環境への危険を示すラベルや他の警告ラベル、または在庫管理ラベルなどの複雑なグラフィックスを印刷したり、大量の印刷を処理することもできるため、このモデルは多様なニーズに最適です。